鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

独白


十七歳の春 初めて死にたいと願った

重く圧し掛かる日常に

無力な僕は 逃げ場所さえも無くして

とても空が高い日 教室のベランダから

見下ろす景色に 吸い込まれそうになっても

最後の一歩を 踏み出すことができずに

また僕は この道を歩かされた

ただ 引きずられるように

そして、今

僕はまだ歩いています

重い足を引きずり うなだれたまま

この道の先に見える 奈落の未来へと向かって

Copyright(C)鼠