鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

群青


高い天井、薬指、風の音が止んだ

差し込む日、曖昧な頭、嘘が記憶を隠している

深い青に満たされた先週を忘れずに

生きられるなら 焼き付けた視界

響く後だけに 残る思いだけ

まだ弱い目で まだ弱い目のままで

ただ息をする明日を眠りの底で待つ

Copyright(C)鼠