鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

歯車


くるくると、近付いた終わりの日

一人きり、さめざめと泣いた木の下で

置き去りの、籠の鳥、後ろに誰も見なかった

雨上がり、空が落ちて、ゼンマイが止まる

一瞬で吹き飛んだ欠片は僕と鳥の部品で

結末は望んだことだから時計は戻さない

涙も消せたから、無機質な音は、また響く

くるくると、遠ざかる終わりの日

歯車が優しい理想を連れてくるまで

正しくない僕と世界、壊れたまま、眠ろう

Copyright(C)鼠