鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net


記憶 かすれて 天国が 見えた

意識 遠のいて 夢の後 閉じた

名前を忘れた花が そっと咲いて

光の蝶が舞った 優しい暗闇

僕が作り上げた花の舟

乗り込んで宇宙まで片道

現実の底で 花 散らないで

想いの果てで 花 枯れないで

差し込む日に目を逸らして

ただ眠る眠る日曜の午後

Copyright(C)鼠