鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

平面


理解も出来ない貴方の言葉には

見渡す程に理想の嘘が隠れて

きっと愛される貴方の表情に

気付かれない排他の影を知った

裏返す世界には致死量の現実を

歪んでも正しいと主張する正義に

その幸福は薄い信心と確信を付いた

過ぎて幾つかの仮面を覚えた日常

音を立てず笑みを外して、僕は言った

ただ「貴方が嫌いです」と

Copyright(C)鼠