鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

壁画


剥がれない不幸の味

目を向けた光と雨

最終に溶けるゲルニカ

涙と真実と冷血を浴びて

落ちてくる至上の鎌

断罪は誰もにあるべきと

刻まれた壁に嘆く母

首を抱き我が子の色を探して

Copyright(C)鼠