鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

偏食


盛られる薬と毒を添える心

該当箇所、的確に闇を摘出

爛れた部品、治癒の見込み、無し

また鈍く傷ついた胸部、奥

慣れるつもりで繰り返す事象でも

相変わらず裏切られるのは苦手です

食べず嫌い、未来には、目を逸らす

思い出だけ欲しくて、夢には誰もいらない

嘔吐、嗚咽、抑鬱、翳る意識と外

不快の底で目覚める朝、頭痛に投げる言葉は

「低血圧で今日は食欲がありません」

Copyright(C)鼠