鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

不快な午後


吐き気がする

泣き出しそうな顔で逃亡

昼下がりの太陽は慰めにもならない

逃げ場所を求めて歩いた時間は空しいばかり

安定剤も効かないままで

体と頭の重さで沈みそうな午後

せめて祈るのは せめて願うのは

「明日、世界が終わりますように」

Copyright(C)鼠