鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

不協和音


春を忘れ、深く降る雨と暗色

刺す痛みより秋の向こうは冷たく

凍える言葉と声に耳を塞いで

ヘッドフォンに隠した静寂

鼓膜を突き刺すユダの絶望

流れる音に崩れるのは容易で

「その感動は人を救わなかった」

「その感動は僕を救わなかった」

分かり合えないと知り笑える夜に

歪に育つ欠落の唄は血を流しても

残酷なことに 幸福なことに

五線譜の上、まだ終わりは無く

繰り返す昨日が教えた隔絶と空へ

響かせて、一心を、遠く、まだ遠く

Copyright(C)鼠