鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net


微熱、沈まない水面の意識

黒く塗った道に散らかった灰

まばらに思い出される過去に似た

極彩の蜘蛛は糸を紡いだ

事実、存在する悪夢の様な現実

正当化される正義も所詮は主観

終わり無く繰り返される御伽には救いが無い

顔を歪めて蜘蛛が笑った

その糸は途切れることも無く

吊るされた弱者は涙も奪われて死んだ

Copyright(C)鼠