鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

銃声


脳髄が焼け付いて 声さえも出せない

怖いものだらけの世界で僕は箱詰

今朝見た悪夢は酷くクリアに記憶に残ってる

部屋の外で 近く 遠く 響く

銃声で思考は打ち抜かれた

想像さえも停止して麻痺した涙

見開いた目に飛び込んだ幻覚は黒い雨

争いの過ぎた楽園には雨音が鳴るだけで

誰もいない 誰もいない

傷付けることもない 傷付くこともない その場所へ

行けるのなら 命を手放して 意識は廻った

黒い雨が上がる頃には モノクロの虹が

高層ビルの向こうに 綺麗にかかるから

少し笑えるはず 一人でずっと

ただ眺めていよう 痛みが消えるまで

Copyright(C)鼠