鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

階段


4階の階段の途中

潰れそうになるくらいの鬱と吐き気

泣きながら立ち尽くして

ゆっくりと倒れた

助けを救いを待っても

遠くで聞こえる音と声は

無関係な日常の向こうから近づかない

剥離しそうな心と頭の中

苦しくて歪む顔 また涙が溢れそう

あの部屋には もう戻りたくないな

薄暗いビル、光が差し込む窓

そこから逃げだせれば きっと良かった

Copyright(C)鼠