鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

希薄


一番好きだった

残響音と昏睡の時間

心地よく、憂鬱に眩暈

帰り着く月の上に一人

見える日常風景は酷く鮮やかに

存在の糸、薄く、消える影

宇宙の色に帰る日は孤独に穏やかで

沈む太陽は只々、儚く

そこに水中と同じ夢を見た

Copyright(C)鼠