鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

水色


切り裂いた手首を浸す浴槽

溶ける様に囁いていた水鏡

紅が揺れ揺れて落ちた瞼に

見え透いた虚実が明滅したら

深化と導かれた空の色に

淡く沈む 鮮やかに浮かぶ

永遠の夢を見て 命は底へ流れるばかり

Copyright(C)鼠