鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

無機質


他人事と冷たい目で見たのは彼か僕か

答えも解らない社会構造に雨が降った

灰色と赤錆が曖昧な空に問う言葉も無く

毒を薬に変えるように過ちが花を咲かす頃

歪む感情も停止して瞳は濁りきった

生温い風に苛立ちを覚えても変えられず

倒れても作り笑いを忘れられない今日

胸に閉じ込めた世界は其れでも大切な自己愛

どうか、どうかこの無機質な此処から逃げ出して

Copyright(C)鼠