鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

人魚


その海に沈む恋情を閉じた色は暗く

背中合わせに夜は静か、雨を降らせた

灰の空、虚ろな顔、人魚は不眠症で

淡い想いは太陽を隠して涙と泳ぐ

さよならは一つ、重い影、幸福は遠く

世界はまた一つ、弱く音を立てて壊れた

変えられなかった明日の憂鬱を笑う

自嘲と諦めに眼を閉じた、歌声と

不器用に輝いた泡の記憶を抱いて

葛藤と自己愛と犠牲的な希望を憎み

何処よりも深く目指す、忘却を、天国を

Copyright(C)鼠