鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

リアリティ


真空で見る「今」は酷く現実感が乏しかった

軽い自殺願望がクスリの代用品

その効果も切れれば最後に近づける

深い無色の空に願えるならば

真っ白な世界に閉じ込めて

今日は誰にも触れず眠っていたい

変わらずに追跡する陽光を嫌う

色違いの闇をなぞる指先も震え

この場所の途切れる時間に

確証もなく終える「今」に思いを

Copyright(C)鼠