鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

劣化


劣化して錆びた空の色

乾いた音で意識が廻った

泥に埋もれる夢は現実

どこまでも僕を追い詰める

枯れていく心で作り笑い

朽ちて行く公園の遊具みたい

塵になりそうな日々を重ねて

作られたのは死刑台

13階段の今はどのあたり?

もう少しで幕が閉じるね

見上げた 空は 変わらずに

絶望的に荘厳な錆色でした

Copyright(C)鼠