鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

戦場


合図は日常から溢れたサイレン

望めない暖色の海に幕が落ちる

光の柱は心の殻も全て焼き尽くして

心療内科の窓からは黒い雨が見える

破裂した脱落者が散らかった街

その風景の闇なら、以前とそこまで変わらない

表面化した死が地球を覆うころ

やっと願いは叶う 痛みを伴っても

日々に喘ぎ嘆いた人間の

繰り返し祈った 世界の終わりが

Copyright(C)鼠