鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

ワルツ


ありきたりで ありふれた 悲劇で少し壊れて

返り血で咲いた 花の様な オカルトを愛した

安物の心で 投売りの愛情で 何も得られずに

騙されて 奪われて 自暴自棄の純粋は歪む

弱い背中と 桜吹雪が揺れる 絶望に霞む春

綺麗な服 思い出の写真 好きな曲は

三拍子で 最後の夜 深い傷に笑った

気だるい風 嘲笑を散らして 一人で眠れる頃

隠した手紙に 鍵は掛けていないから どうか痛みを知って

Copyright(C)鼠