鬱な詩を書き綴る鬱詩.net

鬱な日常を詩で綴る鬱詩.net

割れた空


言葉が出ない暗闇は頭の奥

夢遊病 揺らぐ街の景色

五月蝿く鳴く 左前足の無い犬

蹴飛ばされて死んだ

侵食されるのは正常

虚脱感は近く遠く訪れる

飲み干したクスリ 80錠

目眩は止まないけれど

幻覚を越えて

もうすぐ希望が見えるはず

血を吐いた犬も 安らかに眠れるような

空の向こうが きっと

6時間後

深緑に変色した 空の裂け目は空白

赤黒いカラスの羽で その向こうまで行こう

Copyright(C)鼠